債務整理の事務所によっては不満があれば返金してくれる

債務整理の手続きを行う時は、大抵はどこかの事務所に任せる事になるでしょう。その手続きは自力では色々と面倒なので、事務所に任せる方がメリットも大きいからです。
ただ人々の中には、その事務所に対して不安を感じている事もあります。その事務所がきちんと手続きを行ってくれるか否かの問題は、確かにあるでしょう。もしかすると、あまり良くない事務所の可能性もあります。
もしもそのような不安点がある時には、返金制度がある事務所を活用すると良いでしょう。なぜなら一部の事務所は、不満があった時には、返金にも応じてくれるからです。
例えばある事務所の場合は、90日以内というルールを設定しています。その事務所にお仕事を任せて、例えば80日目に不満を抱いたとします。その場合は、事務所に対してキャンセルの旨を申し出ると良いのですね。すると、その事務所から着手金などは全て戻ってきます。
ただしあくまでも90日以内というルールになるので、超過をした場合は戻りません。その点は要注意ですね。
手続きを行ってくれる事務所によっては、このように返金制度というシステムを完備している事もあります。もしも不安があるから、そのような事務所に相談するのが無難と言えるでしょう。

地域によっては債務整理の料金が少し割高になる

借金に関わる問題点を抱えた時には、どこかの事務所などに相談するケースが目立ちます。それで代行の手続きをお願いするケースが、非常に多いのですね。サラリーマンの方々はとても忙しいので、法的手続きを全て自力で行うのも、難しいケースが多いからです。
ところで事務所に依頼をするとなると、もちろん料金などは発生する事になります。基本的には着手金というお金が発生して、それを事務所によって異なるのですね。やや割高な事務所もあれば、もちろんそうでない所も存在します。
ところで事務所に対する債務整理の料金は、実は地域との密接な関連性があるのです。特定の地域などでは、料金が割高になる事はあります。
例えばある事務所が、東京地域に事業所を構えているとします。その場合、原則として東京エリアが対象となるのです。
では対象外のエリアではどうなるかというと、別途で料金が発生するケースが目立ちます。東京エリアならば着手金は50万円台ですが、他地域ならば60万円台などの具合です。
このようなケースは、実は珍しくないのです。もちろんこういった金額差は、やはり軽視はできないでしょう。ですので手続きを行う時には、できるだけ自宅近くにある事務所が良いとも言えます。

 

関連URL:任意整理のデメリットとは